日の出運輸はお客さまのより高度な物流ニーズの実現を目指しています

お客さまのより高度な物流ニーズの実現を目指して|社長メッセージ
最寄りの事業所から選ぶ

採用情報

採用情報イメージ

事業所一覧

物流なんでも相談

社長メッセージ
  

 平成16年7月の、創業者の事故による突然の代表者交代。
そして今、日の出グループは創業期から第2創業期への変革を進め、分社化と言う
新たなステージを歩み始めました。

 私が代表取締役就任時に掲げた言葉は「誠心誠意」に加え、「温故知新」「堅忍不抜」
「ゴーイングコンサーン」。「誠心誠意」を根本に、創業者が一つ一つ積み重ねてきた
ものを大切に温めつつ新たな理想を創造し、何があっても耐え偲び、信念を曲げず日の
出ビジョンを貫き、社の永続的繁栄を目指すという思いです。又、経営理念・考働指針
と同時に、”3Cの誓いChallenge(挑戦) Change(変化) Continue(継続)”とい
う決意も表明し、これに基づいた年度基本政策の策定も実施実施しております。
 このような志のもと、これからの当社が最も必要とするものは何か。それは、やはり、
”人”であり、私はこの人を”人財”と位置づけています。そして、私の求める”人財”とは
どのような人物か。

・全てのものに感謝の気持ちが持てる人

・相手の立場に立って物事が考えられる人

・今の自分に満足せず、常に自己否定をし、自らが変わろうとする精神の持ち主

・「完璧な人間はいない」。これを認識し、互いに切磋琢磨し、向上心を持てる人

・「自分がやらなければ」と自らが”考働”しようとする精神の持ち主

これが私がいつも自分に言い聞かせているポリシーであり、企業の根本である”人”に
は、その各人の根本に是非これらの気持ちを共有してもらいたい。そして、その中から
次の世代の管理職候補も生まれることを期待します。
いくら時代が変わろうとも”人を動かすのは人”であるということを忘れないようにし
たいですね。
 運輸業界の認知度はまだまだ低いものがあります。しかしながら、それを
変えていく志にこそ”やりがい”や”未来”があるのではないでしょうか。
”輝けるステージ” それは、自らが創り上げるもの。是非、そのステージの幕を当社
で開き、その喜びを共有したいと思います。

代表取締役 佐藤 慎司

区切り

 皆さんは「運輸会社」と聞いてどのような印象を持たれていたでしょうか。おそらく、ただ物を運ぶ仕事で、キツイ・汚いなどマイナス色の強い印象だったことでしょう。無論、社会人たる者日々精進の連続で、どのような仕事にも楽などありません。
 しかしながら、当社にご興味をもっていただいた方には、まずこれまでの運輸会社の固定観念を一掃することから始めていただきたいと思います。まず、当社の核たるサービスは物の輸送ではありません。では、何なのか。それは、これまでの当社紹介でもあります通り、荷主企業様や同業他社への日々の輸送情報に始まり、物流の側面から見た輸送・人員・時間・収支・資産効率などの企業改善提案という新たな発想の提案であり、このソフト面と各種ハードを融合させたものが当社独自のサービスであります。
 そして、これらにより、お客様にいかに満足と感動を提供できるかを考えることが当社の使命であり、私共は、これからの運輸業界はこの「創造営業」が全ての競争力の源となり、又、その可能性は無限に広がっていると確信しております。
 そして、これを実現するために当社では"人財"育成には特に力を注いでおり、ベテラン=マイスター(匠)の 知恵と経験を最大限に活用しながら、若手にもそのノウハウを短期間で吸収・共有できるマニュアル策定や 情報システムの活用を推進した組織的な営業基盤づくりに尽力しております。
 しかしながら、改革実現にはやはり個人の意識改革が必要であり、「自分が社を良くしていく」という当事者意識と「不可能を可能にする」という柔軟な発想力と実行力を持って"考働"できる人材こそが、当社の求める"人財"であります。
 当社には31歳の所長も誕生しており、常に向上心を持ち、能力向上に努める人財には多くの活躍の場を与えます。 ホームページにアクセスされた皆さんが当社の門戸をたたき、喜びを分かち合える日が来ることを心から期待しております。

(株)日の出運輸 北日本・関東・中部 取締役社長 柴田 洋介

(株)日の出運輸 阪神・山陽・中国・九州 取締役社長 石原 信治

区切り